【解剖】呼吸器 気管と気管支

続いて、気管

解剖から

気管は長さ10㎝余り

ついでに、気管と食道の間の左右の溝には反回神経が走行している

反りかえって回る、名前の通りの神経

反回神経

看護roo! カンゴルー さんより、お借りしました) 

こんなに近くに反回神経があるんだもん。 肺がんはもちろん、心臓、大血管など縦隔の病変や食道がん喉頭甲状腺の悪性を含む腫瘍の初発症状の場合に

反回神経麻痺は起こるのだ

反回神経は声帯の動きを司る重要な神経。麻痺が生じると、嗄声や食事内容物などが気管内に入り込み誤嚥を起こしやすくなる。

(脱線してないかな、、、汗💦)

甲状腺は気管の前面~側面にかけて付着。

気管の分岐部の前方から左方にかけて大動脈弓が走る。

借り物画像ばかりだと、なんですから、ポパイの力作(*/ω\*)💦💦

f:id:popeyeOlive:20200324223008p:plain

この図の通り、気管支は左右対称ではない

(むしろ、この図ですいません)

右気管支は、垂直で太くて短い。傾斜が急である。

だから異物が入りやすい

だから右の誤飲性肺炎は多い!

 

 

と、いうことで本日の復習📙

①気管は10センチ程度

②機関と食道の間には反回神経がある

③気管支は左右非対称で、異物は右気管支に入ることが多い

 

 

 

今日はここまで

 また一緒に勉強しよう😎

【解剖】呼吸器 肺(肺尖部)

生きていくために必要な、呼吸と循環。

じゃ、呼吸って何だろう、と改めて思った。

(、、、ポパイは男性看護師です💦)

まず、手始めに、呼吸から勉強をやり直そう。

 

 

肺は、こんな形。 見にくくてすいません💦

f:id:popeyeOlive:20200401004135p:plain

(自分で書いてみると、理解が進むからおススメw)

大事なことは、二つ。

①右が3つに分かれて、左は2つ。左には心臓があるので、少し左肺は小さい。

②肺の先端を肺尖部とよび、鎖骨上方2~3センチのところにある。

 

レントゲンでみると、よくわかる。↓ 

f:id:popeyeOlive:20200331235244p:plain

 

国家試験問題💯

「鎖骨下静脈へ中心静脈カテーテルを挿入する際、起こりやすい合併症は?」

答えは気胸

鎖骨奥に肺があるのだ。

 

 

 

と、いうことで本日の復習📙

①肺は右三葉に分かれてて左は二葉に分かれてる

②肺尖部は鎖骨の2~3センチ上方にある

 

 

今日はここまで。 

 また一緒に勉強しよう😎